• 特徴
  • スペック
  • 受賞記録
  • ギャラリー
  • サポート
ROG Strix Impact

ROG Strix Impact

使い手を選ばない左右対称デザインのゲーマー向け軽量マウス

- 誰にでも使いやすい左右対称デザイン
- 長時間の使用でも疲れにくい91gの軽量ボディ
- 5,000万回のクリックに耐えるオムロン製の高耐久スイッチを使用
- 5,000dpiの解像度に対応する高性能光学式センサーを搭載
- 左右のクリックボタンには操作性に優れるセパレートタイプを採用
- いつでも瞬時に切り換えられる解像度(dpi)切り替えボタンを搭載
- カスタマイズ可能なイルミネーション機能を搭載

Nerd Reviews ID

ROG Strix Impactは、右利きにも左利きにも対応する左右対称デザインを採用し、手の大きさや形に左右されない絶妙な握りやすさを実現したゲーム用マウスです。追従性に優れる解像度5,000dpiの高性能光学センサーを搭載しているので、素早く手を動かしても正確に動きを読み取れます。左右ボタンには、5,000万回のクリックに耐えるオムロン製の高耐久スイッチを使用しました。
1 柔軟性を持たせたケーブル
2 ホイールボタン
3 操作性に優れる
セパレートタイプの左右ボタン

4 dpi切り換えボタン
&判別LED

5 5,000万回のクリックに耐える
オムロン製の高耐久スイッチ

6 カスタマイズ可能な
イルミネーションロゴ

7 マヤ文明風の模様
光らなければマウスじゃない
カスタマイズ可能
マウス表面のROGロゴは、使用時に鮮やかに光ります。専用ソフトを使うことで、光の色や光り方を変更でき、自分だけのイルミネーション設定をしたマウスにすることができます。

  • Static

    常に点灯

  • Breathing

    淡く明滅

  • Color cycle

    カラーサイクル

マザーボードと同期できる
イルミネーション同期機能のAura Syncに対応しているので、対応マザーボードを使うことで、マザーボードのイルミネーション機能とマウスのイルミネーション機能を同期させて同じように光らせることができ、さらにマザーボード経由で対応キーボードやPCケースなどと同期させて光らせることもできます。

詳しくはAura Syncページをご覧ください。

※Aura Sync機能はAura Sync対応マザーボードでのみ使用できます。Aura Sync対応マザーボードを使うことで、対応マウス、対応キーボード、対応ビデオカード、対応PCケースなどのイルミネーション機能を同期できます。対応マザーボード用のAura Syncソフトは、対応マザーボードのダウンロードページから、「ドライバーとツール」 -> 「ユーティリティ」にアクセスしてダウンロードできます。
※マウスのイルミネーション機能の使用には、ROG Armouryソフトをダウンロードしてインストールする必要があります。

ゲームをもっと快適に
操作性に優れるセパレートタイプのボタン
左右のクリックボタンには、マウス本体と完全に独立した、2つの部品で構成するセパレートタイプを採用しています。セパレートタイプにすることで、マウスと一体になっている一般的な左右ボタンよりも、軽く、早く、正確なクリックが可能になっています。

いつでも瞬時に切り換えられる解像度(dpi)切り換えボタンを搭載
マウスの解像度(dpi)をワンタッチで切り換えることができる、専用ボタンを搭載しています。ゲームのプレイ中など、いつでも好きなときに解像度を変更可能です。現在どちらの解像度に設定されているかは、切り換えボタンの後ろに付いているLEDで一目で確認できます。

柔軟性のある扱いやすいケーブル
特殊加工を行ったソフトタイプのラバーケーブルを使用しており、マウス使用時にケーブルがジャマになりにくいようにしてあります。

ずっと使い続けられる耐久性
5,000万回のクリックに耐えるオムロン製の高耐久スイッチを使用
左右のクリックボタンには、5,000万回のクリックに耐えることができるオムロン製の「形D2FC-F-K(50M)」スイッチを使用しています。本製品なら、スイッチの劣化を気にせずに思いきり使うことができます。

自分専用にカスタマイズ
自分だけの設定でマウスを使おう
ROG Armouryソフトをダウンロードしてインストールすれば、マウスのさまざまな設定を行うことができます。イルミネーション機能の設定や、ボタンのカスタマイズ、プロファイルの管理などが可能です。

  • Outshine the Competition
  • Accelerate Your Game
  • Made to Win. Built to Last
  • Intuitive Customization